客引きは無視をした方がいい理由

風俗店と言えば、街中で見かけるチラシ、そして客引きです。誘われたりすると思わず「行ってみようかな」と思わせることもありますが、そういったお店はあまり良いとは言えないことが多いのです。今回はそんな客引きに関するお店についてご紹介していきます。

どうして客引きをするのか

客引きをする理由としては、通常の営業・広告だけではお客さんが来ないからです。人海戦術で人寄せをしないとお客さんが入らないほどのお店ということは、何かしらの問題があるところばかりです。
ネットで調べてみるだけでも客引きをされて騙されたというような記事や体験談がたくさん出てきます。つまり、路上で客引きに誘われても一切相手にしてはいけないということが重要なのです。

客引きの手口としては、まずは路上で声をかけて、世間話をします。警戒心を和らげたらお店の説明をするのですが、最初はとても高い値段を言ってくると思います。「無理だよ」と断ると、クーポン券を出したり、キャンペーンを出したり、または「今日はお客さんが全然いないので割引を…」なんて同情を誘うようなことを言い出します。そして最初に口にした金額の半額以下の値段を言うことで相手に「そのくらいなら出してもいいかな」と思わせるのです。また、客引きをする人物は人当たりのよさそうな男性であることが多いのです。その口車に乗せられてお店に行ったらとんでもないぼったくり店であったり、または前払いのホテルヘルスで、ホテルに行ったら結局誰も来なかったということがあったり、被害は大きいのです。

客引きは信用しない

どんな客引きも違法ですので、路上で声をかけられたとしても必ず無視をするようにしましょう。会話に乗ってしまうと、そこから断り切れない雰囲気を出されてしまうので、どうしても無理だという人は走って逃げてもOKです。

関連する記事